ここから本文です

世銀のSDR債、年利は0.49% ガイダンス下限付近

ロイター 8月31日(水)20時52分配信

[上海/香港 31日 ロイター] - 世界銀行が中国市場で発行する国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)建て3年債の条件が31日決まった。年利は0.49%で、ガイダンス(0.4─0.7%)の下限付近となった。事情に詳しい2人の関係者が、トムソン・ロイター傘下のIFRに対して述べた。

発行額は5億SDR(7億ドル)で、決済は人民元で行う。中国人民銀行(中央銀行)の声明によると、2.47倍の応募超過となった。

世銀は人民銀行から総額20億SDRの起債の承認を受けている。

IMFは昨年11月、人民元をSDRの構成通貨に組み入れることを決定。人民元は今年10月1日から、正式に組み入れられる見通し。

今回の起債では、中国工商銀行(ICBC)、中国建設銀行、国家開発銀行、HSBC(中国)各行がリードアンダーライターを務めた。

最終更新:8月31日(水)20時52分

ロイター