ここから本文です

高知東生被告と五十川敦子被告に懲役2年を求刑…高知被告は10代から薬物使用

スポーツ報知 8月31日(水)15時25分配信

 覚醒剤取締法違反(使用、所持)などの罪に問われた元俳優の高知東生(本名・大崎丈二)被告(51)と知人のクラブホステス・五十川敦子被告(34)の初公判が31日東京地裁で開かれ、両被告とも起訴内容を認め、検察は2被告ともに懲役2年を求刑した。

【写真】うつむき加減で報道陣に一礼し警察署から保釈された五十川敦子被告

 1時間40分間に及んだ公判で初公判で高知、五十川被告、いずれも「間違いありません」と起訴内容を認めた。高知被告は裁判官から職業を問われると、「就いていません」と返答。高知被告の方から五十川被告に「やろうよ」と覚薬物使用を勧めたことを認めた。2人が目を合わせることは一切なかった。高知被告がじっと上を見つめ、目を真っ赤にして涙をこらえる場面もあった。

 高知被告の供述調書によると、高知被告は10代後半に原宿のテント村で外国人から大麻を勧められ使用したと告白。さらに覚醒剤は20代の時にディスコで購入し10回使用。その後ディスコから足が遠のくと、覚醒剤も一旦は止めていたという。

 また、高知被告は五十川被告と06年に知り合い、10年から高知被告が知人を通じて覚醒剤を入手し2人で使用。さらに14年に高知被告が覚醒剤を入手できなくなると、五十川被告がインターネットで探した密売人から購入していたという。

 起訴状によると、2人は6月24日に横浜市内で覚醒剤を吸引し、さらにホテルで約4グラムを所持。ほかにも高知被告はこのホテルで大麻約1・3グラム、五十川被告は横浜市内の自宅で覚醒剤約1・9グラムを所持していた。

 公判終了後、高知被告は午後3時20分に黒のワンボックスカーで出廷。五十川被告は、その10分後に黒のスポーツカーで法廷から出た。判決は9月15日に言い渡される。

 この日は、午後1時半からの公判の18枚しかない一般傍聴券を求めて、1198人が行列をつくった。倍率は67倍だった。今月1日に高知被告との離婚を発表した女優・高島礼子(52)は情状証人として出廷はしなかった。

最終更新:9月1日(木)18時35分

スポーツ報知