ここから本文です

田口3-0判定でV4! “浪速の番長”宮崎を寄せ付けず

デイリースポーツ 8月31日(水)21時19分配信

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 王者・田口良一(29)=ワタナベ=は同級1位の挑戦者で元WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮(28)=井岡=を判定3-0で下し、4度目の防衛を果たした。

 身長、リーチでともに10センチ以上も上回る王者は体格差を生かし、寄せ付けなかった。1回から左ジャブを打っては距離を取る攻撃で、相手のパンチを空を切らせた。

 中盤以降、小刻みな動きで中に潜ろうとする相手も強打でストップ。ボディーから顔面へのコンビネーションなど、技術でも圧倒し差を広げた。

 3年ぶり世界戦で世界2階級制覇を狙った“浪速の番長”宮崎は復活Vとはならなかった。地元・大阪から200人近い応援団が駆け付け、王者側より大きい「宮崎コール」を受けたが、応えられなかった。

最終更新:8月31日(水)21時22分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。