ここから本文です

34階建て「ヨドバシ梅田タワー」誕生へ 大阪駅からのアクセスも改善

ITmedia ニュース 8月31日(水)19時44分配信

 ヨドバシカメラは8月31日、商業施設やホテル、バスの発着スペースなどを備える複合型高層ビル「ヨドバシ梅田タワー」(仮称)をJR大阪駅北口に建設すると発表した。2017年夏ごろに着工を予定し、2019年秋の完成を目指す。

【画像】回遊デッキ

 ヨドバシカメラマルチメディア梅田が現在入居している「ヨドバシ梅田ビル」隣の平置き駐車場の敷地を利用する。建物は地下4階、地上34階建てで、延べ床面積は約10万5200平方メートル。地下1階から地上8階は商業施設、地上9階から34階は大阪市内で最大級となる約1000室に及ぶホテルの客室フロアを用意。地下4階から地下2階は駐車場となる。

 ヨドバシ梅田タワーとヨドバシ梅田ビル周辺には回遊デッキも建設し、隣接するグランフロント大阪やJR大阪駅といった周辺施設へのアクセス性を高めるほか、地下と地上、回遊デッキによる重層的な歩行者空間の強化を目指す。回遊デッキは2016年度中に先行工事へ着手するという。

 JR大阪駅からヨドバシカメラマルチメディア梅田までの道のりは、道路に横断歩道が設置されていないなど、アクセスの悪さが指摘されていた。

最終更新:8月31日(水)21時44分

ITmedia ニュース