ここから本文です

決勝打の中日・吉見「代打かな?と思って打席に…」

デイリースポーツ 8月31日(水)21時35分配信

 「中日1-0阪神」(31日、ナゴヤドーム)

 中日・吉見一起投手が好打に活躍してチームの3連勝を導いた。

【写真】投打で活躍 阪神・メッセもまさかの…

 阪神・メッセンジャーとの投手戦となった試合は六回まで両軍無得点。七回2死二塁で打順が回ってきた吉見が初球のスライダーをとらえ鋭い中前打を放った。返球が良く、本塁上は際どいタイミングとなったが、セーフの判定。阪神・金本監督がすぐにリプレー検証を要求したが、判定は覆らなかった。結局、この1点が決勝点となり、中日が阪神に連勝した。

 投げては8回4安打無失点の吉見は「今季阪神戦は4試合目。3試合KOされているので、阪神を倒す、やり返すという気持ちで投げた」とこの試合にかけた意気込みを明かした。殊勲の決勝打については「前の打席バントを失敗していたので、代打かな、と思って打席に向かった。本当まっすぐしか狙っていなかったんですが…たまたまセンターに飛んでくれました」と自身も驚きを隠せない様子だった。

最終更新:8月31日(水)21時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]