ここから本文です

「LINE」のトークに“鍵マーク”が表示 これって何?

ねとらぼ 8月31日(水)21時9分配信

 メッセージアプリ「LINE」で8月31日から、トークに“鍵マーク”が表示されるようになっています。これは「Letter Sealing」(レターシーリング)という暗号化技術でトークが保護されていることを表しています。鍵マーク表示は数日間かけて順次適用される予定。

【鍵マークがついたトーク画面】

 Letter Sealingは、ユーザー間の通信の内容を暗号化して、送信者と受信者以外にはメッセージ内容を解読できないようにする暗号化通信方式。鍵マークが表示されているトークは、この技術がオンになっています。

 Letter Sealingは2015年11月から1対1のトークで導入され、7月には1対1の無料通話にも対応。さらに8月31日からは50人以下のグループトーク・複数人トークでも対応しています。ただし、暗号化が有効になるのは全員がLetter Sealingを利用している場合のみです。保護されるのは、現時点ではトーク内のテキストと位置情報のみですが、順次適用を拡大していく予定。

 Letter Sealingは初期設定で全てのユーザーがオンになっています。LINEは常時オンを推奨していますが、「設定」から変更することも可能です。

 なお、Letter Sealingが適用されたトーク内容が未読状態のまま機種変更を行った場合や、PCなどのサブデバイスからのみトーク内容を閲覧した場合は、暗号鍵が変更されるため、機種変更後の端末で該当のトーク内容を閲覧できなくなる場合があるため、未読メッセージをあらかじめ機種変更前のスマホで閲覧するようLINEは推奨しています。

最終更新:9月4日(日)11時25分

ねとらぼ