ここから本文です

舞台「ホイッスル!」開幕!中村嘉惟人が華麗なステップで“エアボール”操る

コミックナタリー 8月31日(水)19時54分配信

樋口大輔原作による舞台「ホイッスル!BREAK THROUGH-壁をつき破れ-」が、本日8月31日に東京・シアター1010にて開幕。初演前には公開ゲネプロが行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ホイッスル!」は、サッカーを愛する平凡な中学生・風祭将が、仲間やライバルと切磋琢磨する姿を描く成長物語。2002年からはアニメも放送され、2014年には次世代編「サムライファイト!」が月刊コミックバーズ(幻冬舎コミックス)に掲載された。この舞台では、風祭と仲間たちの出会いや、春の大会1回戦・桜上水中学校VS武蔵野森学園中等部の熱戦を中心にストーリーが展開される。

舞台版は中村嘉惟人演じる風祭が、サッカーの名門校・武蔵野森学園から、楽しいサッカーをやりたい一心で桜上水に転校してくるところからスタート。秋元龍太朗演じる水野竜也をはじめとする桜上水サッカー部の面々と、時に衝突しながらも結束を深めていく。佐藤成樹役の五十嵐麻朝は、原作通りまばゆい金髪姿で登場。訳あって離脱していた桜上水サッカー部に復帰し、ゴールキーパーとしてチームの士気を高める役どころだ。

試合では、鮎川太陽演じる渋沢克朗、和田雅成演じる藤代誠二、佐川祐平演じる三上亮らを中心とする武蔵野森メンバーと桜上水メンバーが入り乱れ、スライディングやヘディング、ドリブルの動作を交えた肉弾戦を繰り広げる場面も。また原作ではこれより先のエピソードからの登場となるが、北村諒演じる椎名翼と小坂涼太郎演じる不破大地も風祭たちとの絡みを見せる。

練習や試合のシーンでは、サッカーボールを効果音と演技で表現。細かなステップとスローモーションの使い分けにより、緩急ついた“エアボールさばき”が披露された。さらにゴールネットを揺らすボールや、蹴った瞬間の足元、フォーメーションや得点などの映像はスクリーンに映し出される。ゴールキーパーとフィールドプレイヤーの立ち位置も次々と変わり、臨場感たっぷりに試合シーンが再現された。

舞台版ならではのアドリブ演出も随所に見られ、谷口賢志演じる松下左右十は本公演のフライヤーを眺めながら「人気サッカーマンガ、初の舞台化!?」とわざとらしく声を上げつつも、「本番ではここでちょっとだけ面白い話をします」と期待を煽ってみせる。また尾形大悟演じる森長祐介、長江崚行演じる外山一平ら桜上水メンバーが、「エネルギーチャージの練習しよう!」とパウチ型ゼリー飲料を一気飲みする場面で会場に笑いを巻き起こす一幕もあった。

「ホイッスル!BREAK THROUGH-壁をつき破れ-」は、9月8日まで上演。また会場では樋口大輔の原画展も同時開催されている。

「ホイッスル!BREAK THROUGH-壁をつき破れ-」
期間:2016年8月31日(水)~9月8日(木)会場:東京・シアター1010

キャスト
桜上水中風祭将役:中村嘉惟人水野竜也役:秋元龍太朗佐藤成樹役:五十嵐麻朝不破大地役:小坂涼太郎高井真人役:森内翔大外山一平役:長江崚行古賀良彦役:納谷健五味薫役:福島海太田中衛役:伊藤孝太郎森長祐介役:尾形大悟花沢秀臣役:赤澤廉野呂浩美役:高橋まひろ武蔵森学園渋沢克朗役:鮎川太陽藤代誠二役:和田雅成三上亮役:佐川祐平笠井竹巳役:加藤真央間宮茂役:峰ゆとり辰巳良平役:坂本康太中西秀二役:小南光司近藤忍役:松井勇歩根岸靖人役:普光院貴之高田剛役:阿部快征大森裕希役:一之瀬嘉仁山川智之役:永松文太桐原総一郎役:岡森諦風祭功役:栗田学武おでん屋のおやっさん役:脇田茂椎名翼役:北村諒松下左右十役:谷口賢志

樋口大輔原画展~ホイッスルから24年の軌跡~
会期:2016年8月31日(水)~9月8日(木)時間:11:00~20:00(最終日は19:00閉場)※最終入場は閉場30分前まで会場:シアター1010料金:800円

最終更新:8月31日(水)19時54分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。