ここから本文です

西武・森が自身初のサヨナラ打 ソフトバンクのM点灯を阻止

デイリースポーツ 8月31日(水)22時49分配信

 「西武8-7ソフトバンク」(31日、西武プリンスドーム)

 西武の森友哉捕手が自身初のサヨナラ打を放ち、試合を決めた。1点差に迫った九回2死一、二塁で、サファテから左中間への適時二塁打を放ち、2者が生還。土壇場で試合をひっくり返した。

 殊勲の森は「最高です。最終回、守りでミスしてしまったので、絶対に取り戻そうと打席に入りました。割り切って真っすぐ一本で。会心だったので手応えありました」と振り返った。

 ミスとは、九回表2死三塁の場面。大石の暴投をはじくと、三塁走者がホームを狙ってきたが、森はボールを拾い直してミットでタッチにいった。一度はアウトとされたが、VTR検証の結果、ボールがミットからこぼれていたと判定されて生還が認められていた。

 一報、ソフトバンクは西武を上回る13安打を放ち、試合を優位に進めていたが、最後に守護神サファテが打たれた。日本ハムが敗れていたため、勝てばマジック22が点灯していた。

最終更新:8月31日(水)22時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。