ここから本文です

土田晃之、表参道の歴史をVRで学ぶ「学校に取り入れたらいい」

お笑いナタリー 8月31日(水)20時6分配信

本日8月31日、KDDI株式会社による「タイムトリップミュージアム『明治神宮表参道ケヤキ並木の100年』プロジェクト発表会」が都内にて開催され、土田晃之と高島彩がゲスト出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このイベントで発表されたのは、VR(バーチャルリアリティ)を活用した学習コンテンツ。過去100年にわたる東京・明治神宮の表参道とそこに植えられたケヤキ並木の歴史が学べる。土田はこのVRコンテンツを体験して「すごく面白かった。学校自体に取り入れたら、めっちゃいいですよね。私たちの時代は授業中、ボーッとしてたら校庭に犬がいる!みたいな感じで気が逸れちゃうけど、これなら集中できるし情報がすごく入ってきます」とコメントした。

このVRコンテンツは、auのYouTubeアカウントにて360度動画として配信中だ。

最終更新:8月31日(水)20時6分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。