ここから本文です

春風亭小朝、“2世タレント”に「早い時期の徹底した教育が必要」

スポーツ報知 8月31日(水)20時20分配信

 落語家・春風亭小朝(61)が31日、自身のブログを更新し、“2世タレント”の教育について語った。

【写真】唇をかみしめ、涙ながらに謝罪した高畑淳子

 親交のある歌舞伎俳優・中村鷹之資(17)の妹・愛子ちゃんの誕生日会に出席した小朝は、2人と話をしたという。「話題は歌舞伎界のことが中心ですが、途中で子供が悪いことをした時の親の責任問題について話したんですよ。二人のお父さんは人間国宝ですから、幼い頃から、何か悪いことをすれば、どれだけの人に迷惑がかかり悲しませることになるかを厳しく教えこまれたそうです。ですから、二人とも自然と危ないところには近付かない、困ったことになりそうな予感がしたらそれを回避する。また、常に親やまわりの人たちに迷惑をかけないように自分の行動をチェックする目をもつようになったとか」とコメントした。

 鷹之資の父親は2011年1月に亡くなった人間国宝の中村富十郎(享年81)で、69歳の時に鷹之資が誕生、妹の愛子ちゃんが74歳の時に誕生し話題を呼んでいた。

 小朝はさらに「二人は現在、高校生と中学生ですが、言われた時のことは今でもしっかり覚えているそうです 善悪の判断については、早い時期からの徹底した教育が必要ですね」としている。

 2世タレントについては、23日に女優・高畑淳子(61)の長男で俳優・高畑裕太容疑者(22)が強姦致傷容疑で逮捕されたことや、26日に母・淳子が謝罪会見を開いたことなどで、様々な議論を呼んでいる。

最終更新:8月31日(水)22時26分

スポーツ報知