ここから本文です

ATSUSHI、米国留学!「世界基準のヴォーカリスト」目指し年内渡航

スポーツ報知 9月1日(木)6時5分配信

 EXILEのボーカル・ATSUSHI(36)が米国留学することが31日、分かった。EXILEの公式サイトでファンに向けて「自分を逆境に置く環境の中で、初心に戻り、英語はもちろん、世界基準での表現力、歌唱力を身につけ、世界基準のヴォーカリストになることが、EXILEが世界基準のアーティスト・グループになるために必要なことだと考えはじめました」と説明した。

 現在はソロアーティスト初の6大ドームツアー中で、今月3日(札幌)に終了。関係者によると、年内に渡米し、2018年まで歌唱力やパフォーマンスを磨く。留学中はEXILEのライブには参加しないが、一時帰国してグループの楽曲制作や音楽番組への出演を予定している。18年に国内へ拠点を戻すが、帰国する具体的な時期は未定。

 ATSUSHIは14年、EXILEと後輩グループが出演する「EXILE TRIBE(一族)」のツアーに不参加。精力的にソロ活動を行う姿勢に、ファンから「脱退説」も浮上した。だが、8月28日の東京ドーム公演では「(EXILEを)やめませんから」とキッパリ否定していた。

最終更新:9月1日(木)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。