ここから本文です

伝説デュオ「ピンク・ピクルス」が44年ぶり復活 「一人の道」歌う

オリコン 8月31日(水)4時0分配信

 伝説の女性フォークデュオ「ピンク・ピクルス」が44年ぶりに復活することが30日、わかった。NHK BSプレミアムで今秋放送される特番『ザ・フォークソング~青春のうた~』出演のため、一夜限定で再結成する。

【写真】44年ぶりに復活「ピンク・ピクルス」別カット

 ピンク・ピクルスは、国民が日本万国博覧会(大阪万博)に沸いた1970年、同志社女子大学に在学中だった茶木みやこ(66)と小林京子(65)で結成。1年限定の活動のはずだったが、71年に大阪MBSラジオで紹介された「僕にさわらせておくれ」にリクエストが殺到したことがきっかけとなり、同年3月にメジャーデビュー。翌年に「天使が恋を覚えたら」を発売後、解散した。

 全国的に注目されたのは、解散後の72年に発売された「一人の道」だった。64年の東京五輪に出場し、銅メダルに輝きながらも27歳の若さで自殺した伝説のマラソンランナー円谷幸吉さんの遺書を元に、孤独のランナーの苦しみと両親への思いを歌った。

 異例だったのは、楽曲の冒頭で東京五輪のマラソン実況録音を使用したこと。円谷選手とイギリスのベイジル・ヒートリー選手との熾烈な2位争いとなり、「頑張れ円谷!」と絶叫する生々しい実況ともに歌が始まる手法が話題となり、全国から反響が寄せられた。

 今回、再結成をオファーした長尾賢治チーフプロデューサーは「リオ五輪が終わり、いよいよ4年後には再び東京五輪です。そういった意味からも出演を打診してきましたが、タイミングもよかったのか、出演を了承してもらえました」と経緯を説明。「当然、『一人の道』を歌ってもらいます。もちろん、当時の実況録音はNHKに残っているので、楽曲を盛り上げるために使用する予定です」と構想を明かした。

 当時ラジオで連日のように流れていたという同曲だが、現在ソロ活動をしている茶木が「ライブでも歌うことはない」という文字どおり幻の作品。“相方”の小林はデュオ解散後、音楽業界から離れ、オーストラリアに滞在しているが、今回の番組収録にあわせて帰国する。

 同番組にはほかに、森山良子、泉谷しげる、南こうせつと伊勢正三のユニット「ひめ風」、イルカ、六文銭09、ばんばひろふみらが出演。収録は9月12日に東京・渋谷のNHK放送センター101スタジオで、公開スタジオライブ形式で行われる予定。

最終更新:8月31日(水)4時0分

オリコン