ここから本文です

寺島しのぶ、芸能人一家の生き方語る「バカ正直でもいいから…」

オリコン 8月31日(水)11時8分配信

 女優の寺島しのぶが8月31日、都内で行われた『ガレとドーム展 美しき至高のガラスたち』内覧会に来場。女優の高畑淳子を母に持つ高畑裕太容疑者が女性への強姦(ごうかん)致傷容疑で23日に逮捕されたことを受け、同じく芸能人一家として生きてきた立場から感想を求められると「難しいですよね…」と険しい表情を浮かべた。

【全身ショット】上品な着物姿で来場した寺島しのぶ

 父は歌舞伎俳優の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子という境遇から「母が家にいないこともよくあったし、父は年中仕事をしていたんですけど、弟(五代目尾上菊之助)の存在は大きかったですね。一緒に歌舞伎ごっことかしていたので」としみじみ。

 二世という立場に反発していた時期もあったようだが「若いころは、超えなきゃいけないとか違うことをやらないといけないっていう反発があったんですけど、最近やっとポジティブに変えられるようになった。母から『ウソだけはつかないで、バカ正直でもいいから何でも言って』と言われて育ってきたので、今息子にも同じことを言っています」と笑顔を見せた。

 両親の近況について話題が及ぶと「父は元気なんですけど、母の方がちょっと夏かぜをこじらせて入院をしていました」と明かし、「親が、そういう時期になってきているんだなっていうのは感じます。いつまでも元気じゃないんだなって感じて、もうちょっとしゃべっておこうかなって思います」と語った。

 同展は東京・日本橋高島屋にて、きょう31日から9月12日まで開催される。

最終更新:8月31日(水)11時16分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。