ここから本文です

ミスフィッツのリユニオン公演、元スレイヤーのデイヴ・ロンバードが参加

BARKS 9月5日(月)15時59分配信

ミスフィッツが、今週末アメリカで開かれる<Riot Fest>で、33年ぶりにグレン・ダンジグ(Vo)、ジェリー・オンリー(B)、ドイル(G)の黄金ラインナップでパフォーマンスするが、そこに、元スレイヤー/現スイサイダル・テンデンシーズのドラマー、デイヴ・ロンバードが参加することが明かされた。

◆ミスフィッツ画像

ロンバードは、「ミスフィッツはホラー・ロックのスタンスを築き、ロックやパンク、メタルにとてつもない影響を与えた。この重要な公演に参加すると決めるのは、俺にとって簡単なことだった。依頼されたのは光栄だ。彼らとプレイするのをものすごく楽しみにしている」と、『Rolling Stone』誌に話している。

ロンバートとダンジグは、80年代終わりにスレイヤーとダンジグが一緒に公演を行なったときからの付き合いだという。ダンジグは「デイヴは世界で最高のドラマーの1人だ。このスペシャルな公演で、彼がミスフィッツの曲でドラムをプレイするところをみんなに観せるのが待ちきれない」と話した。

<Riot Fest>は今週末(9月2~4日)デンバーで、その2週間後<Riot Fest And Carnival>がシカゴで開かれる。ミスフィッツは両方の週、パフォーマンスする。

Ako Suzuki

最終更新:9月5日(月)15時59分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。