ここから本文です

セレーナ・ゴメス、治療に専念するため、しばらく活動を休止

BARKS 9月5日(月)16時0分配信

2015年秋、全身の臓器に炎症が起こる自己免疫疾患ループス(全身性エリテマトーデス)を患い、化学療法を受けていたことを明かしたセレーナ・ゴメスが、この病から発した“不安症、パニック・アタック、鬱”の治療に専念するため、しばらく活動を休止すると発表した。

◆セレーナ・ゴメス画像

セレーナは『People』誌にこんな声明を送ったという。「多くの人がご存知のように、約1年前、わたしはループスを患っていることを公表しました。この病が患者に与える影響はさまざまです。わたしは、不安症、パニック・アタック、鬱がループスの副次的影響であり得ることに気づきました」

「わたしは、自分の健康と幸福を維持することに専念したく思い、その最良の方法はしばらく休みを取ることだと決断しました。ファンのみなさんの支援には感謝しています」

セレーナは最近、2015年10月にリリースしたセカンド・アルバム『Revival』をプロモートした世界ツアーを終えたばかり。彼女は『Revival』を発表する前、しばらく活動を控え、化学治療を受けていた。

Ako Suzuki

最終更新:9月5日(月)16時0分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。