ここから本文です

工藤静香、『二科展』で会友推挙に決定「長い道のりでした」

オリコン 9月1日(木)5時0分配信

 歌手・工藤静香(46)が『第101回二科展』(8月31日~9月12日、東京・国立新美術館)に出品した「心模様A」(F80号)、「心模様B」(F80号)の2作品が入選し、会友推挙に選ばれた。芸能人の作品が会友に推挙されたのは初となる。

【写真】工藤が出品した「心模様A」「心模様B」

 工藤は1990年(当時20歳)に開催された『第75回』に出品した「朝の香り」で初入選。『第95回』に出品した「瞳の奥」では特選に選ばれるなど入選を重ね、今回20回目の入選を果たし、会友推挙に選出された。

 今回出品した作品について「さまざまなモチーフで柔らかさ、真面目さを表した角、真っ黒の魔、鍵が無く開かない心、さまざまな心の動きを表現してみました」と解説。

 会友推挙に選ばれたことに対しては「1990年に初入選し、今年20回目の入選の節目に、念願であった『会友推挙』に選んでいただき、大変うれしく思います。ここにたどりつくまで長い道のりでしたが、これからも努力を積み重ね向上していきたいと思っております」と語った。

 今後の目標を聞かれると「何年かかるかわかりませんが、『会員』になるために、地道に努力を積み重ねていきたいと思います」と気持ちを新たにしていた。

最終更新:9月1日(木)5時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。