ここから本文です

新海誠監督『小説 君の名は。』 初の文庫部門1位

オリコン 9月1日(木)4時0分配信

 8月26日に公開された長編アニメーション映画『君の名は。』の新海誠監督が書き下ろした原作『小説 君の名は。』(KADOKAWA 6月18日発売)が週間7.4万部を売り上げ、9/5付オリコン週間“本”ランキングの文庫部門で初の1位を獲得。先週8/29付の週間4.2万部を上回り、同書の週間最高売上を記録している。

【写真】『小説 君の名は。』著者の新海誠監督

 『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』など、壮大な世界観で、すれちがう少年少女のラブストーリーを描いてきたアニメーション映画監督・新海誠氏が自ら書き下ろした同書。これまでの過去最高位は、7/4付と8/29付同部門で獲得した2位だったが、今週付で初の1位となった。

 関連書籍も、児童向けに送り仮名がついた『君の名は。』(著:新海誠、絵:ちーこ KADOKAWA 8月15日発売)が、総合部門にあたるBOOK部門で8/29付の51位から14位に上昇。書籍のみならず、同作の映画音楽を収録したロックバンド・RADWIMPSのニューアルバム『君の名は。』(8月24日発売)が、9/5付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得したほか、映画興行収入でも公開3日間で早くも10億円を突破し1位を獲得するなど好調で、各方面でその注目度の高まりが波及するかたちとなった。

 そのほかコミック部門では、ウェブコミック配信サイト『ガンガンONLINE』で今年8月に連載5周年を迎えた椿いづみ氏の『月刊少女野崎くん』(スクウェア・エニックス 8月22日発売)の最新単行本8巻が週間29.9万部を売り上げ、前作7巻と前々作6巻が記録した3位を上回り、同シリーズ初の1位を獲得している。

最終更新:9月1日(木)4時0分

オリコン