ここから本文です

【GOLF】松山がシリーズ2戦目で上位狙う 同組に連覇狙うR.ファウラー

ISM 8月31日(水)14時39分配信

 米男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦 ドイツ銀行選手権が現地時間2日、マサチューセッツ州のTPCボストンで開幕。前週大会で今季初勝利を逃したリッキー・ファウラー(米)が連覇を狙う中、日本からは松山英樹が出場する。

 年間王者を決めるプレーオフシリーズは初戦を終えてフェデックスカップ・ポイントランキング100位まで出場選手が絞られた。日本勢で唯一プレーオフシリーズに進んだ松山は前週、今季5度目の予選落ちと振るわず、同ランク17位で第2戦へ。予選2日間はファウラーらとの注目組に入っている。年間王者への好位置で最終戦を迎えるためにも、今週こそは上位フィニッシュで勢いをつけたいところだ。

 王座防衛を目指すファウラーは前週、最終日に単独首位から逃げ切れず無念の7位タイ終戦。パトリック・リード(米)に逆転優勝を許し、今季初勝利、そしてライダーカップ米国チームの自動選出枠入りも逃す悔しい幕切れとなった。昨季、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)との優勝争いを制した地でリベンジの連覇達成となるか注目される。

 現在、フェデックスカップ・ポイントランク首位につけるのはシリーズ初戦を制したリード。2位以下はジェイソン・デイ(米)、ダスティン・ジョンソン(米)、アダム・スコット(豪)、ジョーダン・スピース(米)と続く。なお、第3戦を終えた時点で同ランク5位以内であれば、最終戦の優勝により自力で年間王者の座をつかむことができる。

 例年同様、今大会は最終ラウンドをレイバーデー(労働者の日)にあたる5日月曜に開催。ダニー・ウィレット(英)を除くポイントランク上位99名がエントリーしたフィールドには、前週に途中棄権を強いられたステンソンも名を連ね、初戦31位タイのローリー・マキロイ(北アイルランド)らとともに挽回を図る。

最終更新:8月31日(水)14時39分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。