ここから本文です

PCデポ「古物商」許可なし疑惑…変更手続きを終え、9月1日からWeb販売再開

弁護士ドットコム 8/31(水) 15:22配信

パソコンなど電子機器の販売、サポート事業を展開する「PC DEPOT」を運営するピーシーデポコーポレーション(PCデポ)は8月31日、いったん停止していたウェブでの中古品買い取り・販売を9月1日から再開すると発表した。

PCデポをめぐっては、不要なサポート契約・解約料問題で波紋を広げていた。さらにネット上で、中古販売に必要な「古物商」の許可を取得していないのではないかという疑惑があがっていた。

同社は8月27日、ウェブでの中古品買い取り・販売について当面の間見合わせると発表。同社広報によると、古物商の許可は得ていたが、ホームページアドレスの申請をするための変更届(古物営業法7条1項、5条1項6号)に漏れがあったという。古いホームページアドレスのまま、変更手続きをしていなかった。

同社広報は、弁護士ドットコムニュースの取材に「担当者が、Web本店自体の古物商の届出が完了しており、それで手続きが足りているものと考えてしまったため」に起きたと説明した。すでに、新しいホームページアドレスの申請に必要な手続きは完了しているという。

無許可営業の疑惑については、「古物営業の許可は従前より営業所ごとに取得しており、無許可営業の事実はない」と回答している。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:8/31(水) 15:22

弁護士ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。