ここから本文です

Kidori KidoriからBa汐碇真也が脱退、モチベーションの維持が難しく

CINRA.NET 8/31(水) 12:04配信

Kidori Kidoriから汐碇真也(Ba)が脱退したことが発表された。

汐碇は脱退の理由について「度重なるバンド内の不和に耐えられなかったことや、これからの自分の人生を考えた際に、2人の描いているヴィジョンを共有できなかったために、バンドに対するモチベーションを維持する事が難しく、これ以上続ける事は出来ないと感じたためです」と説明。

【もっと大きな画像を見る】

またマッシュ(Vo,Gt)は「僕と川元は、Kidori Kidoriを続けていきます。ネガティヴな理由ではバンドを辞めないと約束したし、自分自身と向き合い、考えて、それでもバンドがやりたいと思うからです」と今後もKidori Kidoriとして活動していくことを表明している。

汐碇は、2014年に前ベーシストのンヌゥが消息不明後に脱退したことを受け、昨年の4月からサポートとして参加。同年8月に正式メンバーとして加入した。Kidori Kidoriにとって汐碇脱退後、初のライブとなる9月2日の『BAYCAMP 2016 TGIF』は2人編成で出演。9月10日以降のライブはサポートを迎えて3人編成で活動していくという。また10月5日発売のミニアルバム『OUTSIDE』も予定どおりリリースされる。

■汐碇真也(Ba)のコメント
Kidori Kidoriを脱退いたしました。
まず、このようなタイミングでのご報告となってしまい、大変申し訳ございません。
脱退の理由は、度重なるバンド内の不和に耐えられなかったことや、これからの自分の人生を考えた際に、2人の描いているヴィジョンを共有できなかったために、バンドに対するモチベーションを維持する事が難しく、これ以上続ける事は出来ないと感じたためです。
皆さんの期待に添う事ができず、このような結果となってしまい、申し訳ございません。
Kidori Kidoriに入って素晴らしい経験を沢山させていただきましたし、素晴らしい出会いもたくさんありました。
Kidori Kidoriのメンバーとして過ごした1年間は、一生忘れられない時間になると思います。
そして何よりも応援して頂いたファンの皆様、お世話なった関係者の皆様には、感謝と申し訳なさでいっぱいです。
これからもKidori Kidoriは続いて行きますので、引き続き応援のほど宜しくお願いします。
今まで本当にありがとうございました。

■マッシュ(Vo,Gt)のコメント
突然なもので、頭を整理しきれていませんが、今は応援してくれている皆様に対して非常に申し訳ない気持ちでいます。
本当にごめんなさい。
脱退したいと告げられ、詳しく話を聞くうちに納得がいきました。
時間の経過の中で、感覚や感性のズレが開いてしまったのかもしれません。
短い時間ではありましたが、一緒に活動してくれたことには感謝しています。
僕と川元は、Kidori Kidoriを続けていきます。
ネガティヴな理由ではバンドを辞めないと約束したし、自分自身と向き合い、考えて、それでもバンドがやりたいと思うからです。
どんなことにも挫けず、応援してくれている皆さんに応えていきたいです。
本当に情けないところを見せてばかりですが、絶対に払拭していくので、ついてきてほしいです。
今後ともKidori Kidoriをよろしくお願いします。

■川元直樹(Dr)のコメント
この度、おにいやんがKidori Kidoriを辞めることになりました。
急な発表で、皆さんにご心配をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。
おにいやんのモチベーションが下がってきていたことは、僕もうっすら感じていたことで、それに対して色々と改善していこうとしていました。
でも、結果的にどうすることもできなくなってしまい、今は自分の非力さを悔やんでいます。
ただ、おにいやんが辞める意思を示した時、僕とマッシュの中で活動を止めるという選択肢はありませんでした。
また2人に戻ってしまいますが、現時点で決まっているライブも全て出演させていただきます。
これ以上、応援してくれる皆さん、スタッフ、関係者の皆さんを心配させることは絶対にしません。
僕たちはもっともっと上を目指して精進していきますので、これからもKidori Kidoriをよろしくお願いします。
最後に、おにいやん、1年という短い間にはなってしまったけど、今までありがとうございました。

CINRA.NET

最終更新:8/31(水) 12:04

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]