ここから本文です

『おんなのこきらい』加藤綾佳監督の新作は恋愛×家族×食の物語

CINRA.NET 8/31(水) 12:09配信

映画『いつも月夜に米の飯(仮)』の製作が発表された。

森川葵主演の映画『おんなのこきらい』などの監督作を発表している加藤綾佳監督の新作となる同作。母親が突然失踪したことから、新潟の小料理屋で女将をやることになった高校3年生の千代里が恋や仕事に奮闘する様を描く。

【もっと画像を見る(3枚)】

東京から新潟に出戻る主人公の千代里役を演じるのはモデルの山田愛奈。山田は同作で映画初主演を果たす。クランクインは2017年春を予定。

■山田愛奈のコメント
まずは皆さん初めまして山田愛奈です。今回は初めての映画主演でとても緊張していると共にわくわくした気持ちでいっぱいです!元々加藤さんの作品が好きな事もあり、一緒に一つの作品を作っていける事を嬉しく思っています。まだまだ未熟者ですが、自分に出来る精一杯を出して、楽しみながら頑張って行こうと思います!

■加藤綾佳監督のコメント
各所で食べることとお酒が大好きとひたすら主張し続け、ようやく食を題材にした映画を実現に向けスタートさせることができました。親子というものをテーマに取り入れるのも初めてなので、今まで自分がつくってきたものとはまた違う新しい感覚で観ていただけたらと思いつつ、前作をご覧になった方々の期待を裏切らない人間模様も描ききれたらと思っております。

CINRA.NET

最終更新:8/31(水) 12:09

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]