ここから本文です

I・マッケイやサーストンら証言、80年代D.C.パンクのドキュメンタリー

CINRA.NET 8月31日(水)19時29分配信

映画『サラダデイズ-SALAD DAYS-』が、10月1日から東京・新宿K's cinemaほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(11枚)】

同作は、1980年代のワシントンD.C.におけるハードコアパンクシーンを主題にしたドキュメンタリー。当時のライブ映像や写真家ジム・サーが撮影した写真、アーティストへのインタビューを通して、レコード製作やレーベルの立ち上げ、ライブの運営などをミュージシャン自ら行なっていた当時の「DIYパンク」の様子に迫る。

劇中にはデイヴ・グロール(Foo Fighters)、イアン・マッケイ(Fugazi、Minor Threat)、J・マスシス(Dinosaur Jr.)、サーストン・ムーア(Sonic Youth)、ヘンリー・ロリンズ(Black Flag)らがインタビューで登場。さらにBad Brains、Minor Threat、Government Issue、Fugazi、Dag Nastyらのライブ映像も使用される。デイヴ・グロールがイアン・マッケイやヘンリー・ロリンズへの想いを明かした予告編も公開されている。

CINRA.NET

最終更新:8月31日(水)19時29分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。