ここから本文です

牧水、郷友誌に上京時心情 親友の孫が延岡市へ寄贈

宮崎日日新聞 8/31(水) 11:58配信

 若山牧水が旧制延岡中(現延岡高)在学時から上京直後、友人と刊行した回覧文芸雑誌「あけぼの」の第16号が、牧水の親友・平賀春郊(しゅんこう)の子孫宅に残っていることが分かった。早稲田大に進んで間もない牧水の東京の学生に対する複雑な心情を書いた短文が掲載されているほか、友人の作品への批評も書き込まれている。当時の牧水の人間像や同級生との関係を知る上で貴重な資料で、春郊の孫の平賀徹さん(78)=東京都=は延岡市に同号を寄贈した。

宮崎日日新聞

最終更新:8/31(水) 11:58

宮崎日日新聞