ここから本文です

超音波でガ類防除 農研機構・果樹茶業研究部門 飛来数6分の1

日本農業新聞 8/31(水) 7:00配信

 農研機構・果樹茶業研究部門は30日、コウモリに似た超音波を使い、ガ類の飛来を防止する技術を開発したと発表した。果樹を加害するモモノゴマダラノメイガで試験したところ、飛来数を通常の6分の1以下に抑えることができた。同技術を使えば、化学農薬の使用量を減らした栽培も期待できる。数年以内に防除装置の製品化を目指す。

 ガ類の多くは、天敵のコウモリの超音波を聞くと、食べられないように逃げたり、飛ぶのをやめたりする。開発した技術は、コウモリの超音波を人為的に作り、圃場(ほじょう)に流すことで、作物に卵を産み付ける雌の飛来を防ぐ。

 試験は、透明な筒の片側にリンゴと粘着板を置き、反対側からモモノゴマダラノメイガの雌を放した。コウモリの超音波をまねた超音波を流し、害虫への効果を調べた。

 何もしない場合、虫の64%がリンゴに寄ってきたが、モモジロコウモリに似た超音波を流すと28%に抑えられた。キクガシラコウモリに似た超音波だと10%と、通常の6分の1以下に減った。中野亮主任研究員は「超音波の種類を変えれば、他のガ類でも防除効果が期待できる」と話す。

 超音波の届く範囲は数十メートル。果樹園など屋外で実用化は難しく、同研究部門では、施設園芸での利用を想定する。イチゴやトマトの害虫のハスモンヨトウやオオタバコガを対象に、今年の秋から試験を始める。ミツバチなどへの影響も調べる。

日本農業新聞

最終更新:8/31(水) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。