ここから本文です

高岡の伝統産業がテーマ 映画「デンサン」ロケは来月6日から/富山

チューリップテレビ 8/31(水) 9:59配信

 高岡市の伝統産業をテーマにした映画、「デンサン」の撮影を前に監督と実行委員会のメンバーが30日県庁を訪れ、ロケや上映のスケジュールについて報告しました。

 県庁を訪れたのは、高岡市在住の金森正晃(かなもり・まさあき)監督など3人です。

 「デンサン」とは、伝統産業の略で、この映画は、ものづくりの楽しさを多くの人に知ってもらおうと企画されました。

 映画は、高岡の鋳物メーカー能作(のうさく)の人気商品、ハリネズミの背中に苔を生やした盆栽に焦点をあて、この商品ができるまでの奮闘を描いたフィクションのストーリーです。

 主人公の鋳物師(いもじ)をお笑い芸人のキングコング西野亮廣(にしの・あきひろ)さんが演じます。

 撮影は来月6日から高岡市を中心に行われ、来年春には、高岡市で上映会が行われるほか、映画祭への出品も予定しています。

チューリップテレビ

最終更新:8/31(水) 9:59

チューリップテレビ