ここから本文です

【動画】北日本は土砂災害に厳重に警戒 広い範囲で真夏日に(31日7時更新)

ウェザーマップ 8月31日(水)6時44分配信

ウェザーマップ

 北日本は、これまでの大雨で地盤が緩み、土砂災害の危険性がかなり高いところもあります。雨が止んだ後も、土砂災害に厳重な警戒をしてください。きょうは、東北~沖縄の広い範囲で、最高気温が30℃以上の真夏日になるでしょう。

 台風10号は、北海道の西の海上に進み、きょう午前0時頃に温帯低気圧化しました。ただ、北海道を中心に風が強く、海は大しけが続く見込みです。北海道で予想される波の高さは7メートルで、昼過ぎにかけて高波に警戒が必要となります。

 北海道は、朝まで激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。すでに増水している河川がありますので、夜遅くにかけて河川の増水やはん濫に厳重な警戒をしてください。午後になると、雨は弱まり、次第に止むでしょう。

 東北~沖縄にかけては、晴れるところが多い見込みです。東日本を中心に、きのうよりグンと気温が高くなるところもありそうです。熱中症にはご注意ください。(気象予報士・久保井朝美)

最終更新:8月31日(水)6時44分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。