ここから本文です

ビヨンセ、VMAで着ていたのはウエディングドレス

ELLE ONLINE 8月31日(水)20時10分配信

最優秀ビデオ賞を受賞、ステージで愛娘と夫への感謝のスピーチをしたビヨンセ。このときに着ていた白いドレスはウエディングドレスとしてデザインされたもの。バルセロナ生まれのブランド「ヨアン クリス」がブライダルコレクションとして発表、実際に売られているものだとか。ちなみに気になるお値段は4600ドル(約47万円)。レッドカーペットで全身1318万ドル(約13億6千万円)のジュエリーをつけていたビヨンセとしては破格のお手頃価格。

【画像】VMA 2016に集結した豪華セレブのドレススナップをウォッチ!

もうひとつ、話題になっているのがビヨンセと一緒にレッドカーペットを歩いた愛娘のブルー・アイヴィのドレス。ベージュのチュールが天使のよう! と絶賛されていたけれど、あのドレスは「ミシュカ アオキ」。新聞「ニューヨークタイムス」によるとお値段は10,950ドル(約113万円)とか! ビヨンセの白いドレスよりも高いそう。

最近はビヨンセとお揃いの「グッチ」のワンピースを着たりと、おしゃれぶりに磨きがかかっているブルー・アイヴィ。次はどんなドレス姿を見せてくれるのか、早くも楽しみ!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:8月31日(水)20時10分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。