ここから本文です

「もう来週最終回!?」ドラマ「ON 異常犯罪捜査官」ついにラスボス現る!? 東海林の絶望的なピンチに「死なないで」

E-TALENTBANK 8/31(水) 11:30配信

30日(火)にフジテレビ系「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の第8話が放送された。

同ドラマは、警察学校を優秀な成績で卒業し刑事部に配属された新人刑事・藤堂比奈子(波瑠)が、数々の異常犯罪に立ち向かう……というストーリー。比奈子は、遺体や事件に直面すると怖気づくことなく「興味深い」と発する。先輩にあたる東海林泰久(横山裕)は殺人犯に興味を持つ比奈子に違和感を抱き始め、精神科医の中島保(林遣都)は比奈子の異常性に完全に気付くことになる。

第7話では、比奈子に対する東海林の態度が一変。崩れゆく“ハルヨコ”の関係性に、視聴者からは「決裂だけはしないで欲しい…」などの声が集まっていた。

亀裂の入ったハルヨコは、第8話でもぎこちないやりとりが続く。そんな2人に追い打ちをかけるように、またもや惨殺的な猟奇殺人事件が発生。今回の事件は過去で最も厄介なケースとされ、そのうえ“切り裂き殺人鬼”として逮捕されていた佐藤都夜(佐々木希)が脱走するなど、最悪な事態が重なってしまった。

上司の厚田巌男(渡部篤郎)は、佐藤と直接対決したことのある比奈子の身を考え、単独行動を禁止させた。そして比奈子の警護を東海林に任せることになる。これで一安心と思った矢先、迫り来る佐藤とついに姿を現す真犯人はハルヨコを……という恐ろしい展開を見せた。

視聴者からは「もう来週最終回!?」「最終回1時間で収まる?って位まだ謎が多い…」「真犯人が最終回の前話に出てくるって…!?!?」「東海林先輩(横)まじ最終回で死なんでよね泣ひなちゃん(波留)もほんと無事でいてー!」など、最終回に向けて一気に加速する展開と、真犯人の登場に反響の声が寄せられていた。

絶望的なピンチに追い込まれた東海林を、比奈子は“刑事として”救うのか、はたまた“怪物として”救うのか? 次週、最終回で明らかになる結末に注目していきたい。

最終更新:8/31(水) 11:30

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]