ここから本文です

築地市場、移転中止の可能性は? “食の安全は都の責任”小池都知事が下した決断

ログミー 8/31(水) 16:20配信

小池百合子東京都知事が、築地市場の移転問題について会見を開催。質疑応答では、築地に残るという選択肢やその場合の費用やリスクについて、記者からの質問に回答しました。

築地市場に残るという選択肢は?

司会者:それではこれより質疑に入ります。私のほうで指名させていただきますので、社名とお名前を名乗ってからご質問をお願いいたします。

記者1:日本テレビのクノムラです。今回の発表に関して確認ですが、あくまで「延期」ということが決まったということで、「中止」ということは、結果次第では、視野には入っていらっしゃいますか?

小池百合子氏(以下、小池):プロジェクトチームにおきまして、今、最後にありました5つの課題ございますね、これらを1つずつチェックをしていただきます。その結果を待ちたいと思います。

記者1:結果次第では中止ということもありえる?

小池:プロジェクトチームの精査を待ちたいと思います。

記者2:読売新聞のハタエと申します。移転延期ということですけれども、築地市場に残る場合、衛生面ですとか、あとは崩落ですとか、雨漏りですとか、施設の老朽化ないしはアスベストの問題など、築地市場に残っても安全性に関する問題が残るのではないかと思うんですけれども。築地市場に残るリスクについてはどのようにお考えでしょうか?

小池:ご質問ありがとうございます。実際に市場に入ってみますと、壁が落ちたり、それから金具が落ちてきたりとか、ある意味たいへん危険な状況で仕事をされている。それから衛生上の問題点等々も指摘がされているところでございます。

それからアスベストの問題については、これまで適切な対策は取られてきたとはいうものの、やはり食料品を扱うところとのアスベストの関係というのは、私は重要な課題だと思っております。

先ほど、この延期に伴うさまざまな問題、例えば「リース代が発生してしまうじゃないか」、それから「冷蔵庫買ったけど、どうするんだ?」とか、いろいろと問題があろうかと思いますので、これについては、実際に主体となっておられる方々からのご意見等々の聴取をして、どのような対応ができるのか検討してまいりたいと、このように考えております。

1/3ページ

最終更新:8/31(水) 16:20

ログミー

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。