ここから本文です

都内を走る6社局が集結 「バスの日イベント バスまつり」9月開催

乗りものニュース 8/31(水) 11:53配信

車両展示にグッズ販売、ダイヤ引き体験、オークションも

 9月20日が「バスの日」であることにちなみ、東京都交通局が2016年9月17日(土)に「バスの日イベント バスまつり2016 in 晴海」を開催します。

【動画】「カンカン」のペースが上がる京成電鉄の踏切

 会場は晴海客船ターミナル(東京都中央区)で入場は無料。東京駅丸の内南口、錦糸町駅、四谷駅バス停などから晴海埠頭行きの都営バスが利用できるほか、当日は東京駅八重洲南口~晴海埠頭間で直行ノンストップバス(現金210円、ICカード206円、所要約25分)も運行されます。

 イベントでは、東京都交通局、小田急バス、関東バス、京王バス、東急バスのマスコットキャラクターが集合。さらにこれらのバス事業者のほか、京浜急行バス、はとバスエージェンシー、ネコ・パブリッシング、クラフト木つつ木、ぽると出版、学研教育出版がグッズ販売などを行います。

 都営バスのダイヤを引ける体験講習会も実施。中学生以上、1回あたり20人が対象で、当日先着順に整理券が配られます。

 このほかバス車両の展示、クイズ大会、各社のオリジナル缶バッジやキーホルダーの入った会場限定の「ガチャガチャ」、「設定プライス」を予想して入札する「バス部品プライス予想オークション」なども行われる予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:8/31(水) 12:08

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。