ここから本文です

マカオの16年第2四半期GDPマイナス7.1%=サービス輸出と投資縮小で

マカオ新聞 8/31(水) 17:44配信

 マカオ政府統計調査局は8月30日、今年(2016年)第2四半期(4~6月期)のマカオのGDP(域内総生産)がマイナス7.1%だったとする最新データを公表した。今年第1四半期(1~3月期)から6.2ポイントの改善。

 同局では、主なマイナス要因としてサービス輸出と投資の縮小を挙げている。内需、外需ともに弱く、貨物輸出が24.7%、ゲーミングサービス輸出が12.0%、個人消費が2.2%、投資が15.2%のそれぞれ減少。政府の最終消費支出は4.5%増だった。

 マカオ経済の屋台骨となるのがゲーミング(カジノ)産業だが、月次カジノ売上は今年7月まで26ヶ月連続で前年割れとなり、低迷が長期化している。

最終更新:8/31(水) 17:44

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。