ここから本文です

藩公行列へ気合、中学生かつら合わせ 23~25日「会津まつり」

福島民友新聞 8月31日(水)10時36分配信

 会津若松市で9月23~25日に開かれる「会津まつり」のメイン行事「会津藩公行列」(25日)に参加する当番校の若松六中の生徒12人は29日、会津若松市の会津若松ワシントンホテルでかつら合わせを行い、本番に向けて気合を入れた。

 生徒は菊姫、中臈、腰元役などに挑戦する。会津若松美容師組合員らが一人一人の生徒の頭に合ったサイズに微調節してかつらを合わせた。

 菊姫役の平塚紀佳さん(3年)は「かつらをかぶり身が引き締まった思いがした。本番は笑顔で乗り切りたい」と話した。

 会津藩公行列は25日午前10時25分に鶴ケ城から出発し、歴代領主を中心にさまざまな時代衣装に身を包んだ一行が市内を練り歩く。23日午後6時からは提灯行列、24日午前10時からは日新館童士行列と鼓笛隊パレード、両日午後7時から会津磐梯山踊りを行う。

福島民友新聞

最終更新:8月31日(水)10時36分

福島民友新聞