ここから本文です

[移籍]昨季のエースが抜けて前線に不安を抱えていた乾所属のエイバル 待望のストライカー獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 8月31日(水)9時10分配信

昨夏テネリフェで14得点をマーク

乾貴士の所属するエイバルはテネリフェからスペイン人FWナノを獲得した。エイバルとナノは2021年6月30日までの5年契約を結ぶ。

エイバルは昨季18ゴールを記録し、チームの攻撃をけん引したFWボルハ・バストンが保有元のアトレティコ・マドリードに復帰。その後プレミアリーグのスウォンジーに引き抜かれた。大黒柱を失ったエイバルは、新シーズンから新加入のFWキケ・ガルシアが1トップを務めるも、なかなか昨季のような迫力ある攻撃を見せることができていない。

昨季テネリフェで34試合に出場し14得点をマークした21歳のナノは、1部リーグの舞台でブレイクを果たし、ボルハ・バストンの穴を埋めることができるだろうか。 ホセ・ルイス・メンディリバルの起用法にも注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月31日(水)9時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。