ここから本文です

築地市場の移転延期で小池知事が強調した3つの要点 「既定路線」は許さない

BuzzFeed Japan 8/31(水) 18:59配信

築地市場の移転延期が、正式に決まった。東京都の小池百合子知事は8月31日の記者会見で、3つの疑問を強調した。【BuzzFeed Japan / 瀬谷健介】

(1)「安全性への懸念」

都によると、豊洲では08年、環境基準の約4万3000倍の有害物質「ベンゼン」などが検出され、土壌汚染が発覚。都は、土の入れ替えや盛り土工事、地下水の浄化に総額849億円の予算を投入。さらに、地下水のモニタリングを2014年から2年間の計画で進めている。

モニタリング最終結果の公表予定は、来年1月上旬。当初の予定ではこの結果を待たずに11月に移転することになっていた。

過去のモニタリング調査で、ベンゼンの検出量は全て環境基準値以下だったが、小池知事は会見でこう指摘した。

「2年間の調査期間を安全性の確認と説得力において、譲ることはできない。生鮮食料品を扱う上で、食の安全は、生活者、都民の問題として大切に考えるべきだ」

(2)「巨額かつ不透明な費用の増加」

総事業費が5884億円に及んでいることにも苦言を呈した。

2011年段階は3926億円の計画だったが、建設費に関して1700億円以上増額したことに触れ、「4年間で建設費だけが突出して増額したのなら、きちんと精査する必要がある」と指摘した。

(3)「情報公開の不足」

最後に、情報公開のあり方も疑問視した。

市場関係者の一部からは、土壌汚染の問題だけでなく、「移転予定日が繁忙期」「新店舗の間隔が狭く経営しづらい」などの反対論や延期論が出ていた。

「こんなにお金をかけていながら、そこで仕事をする業者から、いまだに不安が多く出てくるのは構わないのか。849億円もかけて土壌汚染対策をしているのに、安全性への疑問が絶えないのはなぜなのか。適切な情報公開が行われておらず、伝わっていなかったのではないか」

「『既定路線でしょ』という考えはとらない」

都は、建築、土壌、市場経営の専門家が入る「市場問題プロジェクトチーム」を近く発足させ、都民や市場関係者の不安の払拭を図る。

チームは、来年1月上旬の地下水モニタリングの結果で安全性を確認し、移転時期を決定する。また、予定通りの移転を考えていた業者が契約を終えている設備のリース代などの支援を検討。予算が適正だったかも調べていくという。

「都民ファースト」を掲げ、都民の目線での政策を訴えた小池知事。過去の決定をこう一蹴した。

「小池都政では、『もう規定路線でしょ。一度決めたなら。もう作ってしまったのだから。何も考えなくても良い』という考えはとりません」

最終更新:8/31(水) 18:59

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。