ここから本文です

SOLIDEMOは雨吹き飛ばすパフォーマンス、三浦大知は持っている男

MusicVoice 8月31日(水)12時46分配信

 男性音楽グループのSOLIDEMOが28日、都内の特設スタジオから生中継された、インターネット番組『a-nation音楽生特番』に生出演。あいにく雨模様だったが、シュネルは「雨を吹き飛ばすようなパフォーマンスお届けしていきます」と意気込み、トークやパフォーマンスを披露して、ファンを喜ばせた。27日も生中継され、lol -エルオーエル-、超特急、三浦大知、和楽器バンドなどが出演し、それぞれ貴重なトークを繰り広げた。

【写真】三浦大知とDJ KOOら

 27日・28日と、東京・味の素スタジアム開催された音楽フェス『a-nation stadium fes. 2016 powered by dTV』。エイベックス所属アーティストを中心に豪華ラインアップでフェスを盛り上げた。会期中は、場内に設けられた、映像配信サービス「dTV」の特設ブースや楽屋裏から生中継され、出演アーティストのステージとは違った一面ものぞかせた。

■27日・三浦大知「もってるな」晴男アピール

 27日の生中継に出たのは、lol -エルオーエル-、超特急、三浦大知、和楽器バンド。a-nationに対する意気込みや、a-nationにまつわる忘れられないエピソードなどを語った。更に、特別コーナーとして、Acid Black cherryのyasuとロンドンブーツ1号2号の田村淳のスペシャル対談も配信された。

 オープニングでは、お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介や、トレンディエンジェルらが出演するはずだったが、大雨の影響で“トレエン”の斎藤司が遅刻と言うハプニング。そうしたなか、トップバッターで登場したのは加治ひとみ。加治の歌唱後ようやっと斎藤がスタジオに登場し、お決まりのギャグ「ぺっぺっぺー」を披露すると、会場は黄色い声援に包まれた。

 dTVブースでのステージパフォーマンス終了後、中継で出演したlol -エルオーエル-は、今後の目標として、hibikiが「全国47都道府県を回るライブをやりたい!」、mocaは「地元にある京セラドームでライブをやりたい!」と意気込みを語った。

 その後に登場した超特急は、リーダーであるリョウガが「本当はユーキがリーダーだったんですけど、あまりに普通すぎて陽と陰の“陰”である僕がリーダーになったんです」とコメント。その後も、本当に話すのが好きじゃないなどと本音をこぼす一面が見られた。

 また、dTVブースに登場した、エグスプロージョンは、YouTubeでも話題となった「本能寺の変ライブver.」の他に、人気お笑い芸人であるピスタチオのネタを元にしたダンスも披露。キレのあるダンスだけではなく、ピスタチオの特徴でもある白目も完璧に見せ、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

 最後に中継で登場した三浦大知は、過去に空港近くのライブ会場でリハーサルをした時に、イントロと同時に飛行機が上空を飛び、曲の終わりにまた飛行機が飛ぶというタイミングの良さがあったエピソードを話し、「自分持ってるな」とアピール。「雨が晴れて雲の隙間から光が差し込んだりする演出があったらいいな(笑)」と、ライブステージが晴れることを願いながら、dTVの中継を後にした。

 さらに、特別コーナーとしてAcid Black cherryのyasuとロンドンブーツ1号2号の田村淳のスペシャル対談も配信。夢をテーマに二人は過去の恋愛から音楽感など様々な模様を語り合いながら、jealkbとの秘蔵エピソードも披露。これまでテレビでは語られることのなかったエピソードなども明かした。

■28日・SOLIDEMOシュネル「雨を吹き飛ばす」

 28日の『a-nation音楽生特番』は、番組MCにたむらけんじ、コロコロチキチキペッパーズ、DJ KOO、莉音を迎えアーティストとのマル秘トークを展開。さらに浜崎あゆみら豪華アーティストのライブステージを生配信した。また、場内に特設されたdTVブースには、SOLIDEMOや加治ひとみ、高木里代子、龍雅、瀬川あやか、SOLIDEMO、リーマンマイク、CYBERJAPAN DANCERSが出演。それぞれトークと楽曲パフォーマンスを繰り広げた。

 SOLIDEMOのシュネルは「雨で天候が悪い中なのですが、たくさんのお客さんにお越しいただいているので雨を吹き飛ばすようなパフォーマンスお届けしていきます!」と話し、SOLIDEMOの佐々木は「8月最後で夏の締めくくりに、お客さんと僕たちで2016年の夏の思い出を作っていきたいと思っております」と意気込みを語り、パフォーマンスに臨んだ。

 今回、『a-nation stadium fes. 2016 powered by dTV』は、映像配信サービスとしては初のライブ・バーチャルリアリティ(VR)配信を実施。これまでにも、360度カメラを使用してのVRミュージックビデオ(MV)などを公開してきた。

 このVRコンテンツの反響についてシュネルは「SNSやイベントの際に380度見渡せてすごかった! と言われました。『目の前で歌ってくれるライブなんて超豪華でした』などすごく好評でした」とコメント。メンバーから「360度でしょ」「一周ちょいって!」と、総ツッコミを受け「みんなツッコミ厳しいわ~」と苦笑いした。

 また、佐々木は「周りにメンバーがいるみたいでドキドキすると言われました。僕たちが身長が180cm以上と高いのですが、ソファーに座って見上げているとより、リアルに体感してもらえるのではないかと思ってます」とVRの楽しみ方を提案。

 さらに、2人バージョンなど人数が変動する中でおこなわれた撮影について「そもそも、VRのカメラだと相手がいないなかでカメラに向かってセリフを言うということが想像できなくて、苦労しました」と撮影時の苦労を明かした。

 SOLIDEMO向山毅は「自分の中で、カメラの向こうにいる女性を想像しながら語りかけたり、歌っていたのですが、完成した映像をVRで見てみると本当語りかけられているようなリアルな感覚で見ることができました」と撮影時の心境を語った。

 続けて、シュネルは、VRミュージックビデオについて「メンバーそれぞれの魅力をVRなので、いろんな方向を見ながら体験してみてください」とコメント。佐々木は「技術や科学の進歩で、最新技術のおかげで僕たちがより身近に感じられると思いますし、VRって本当にいままで体験したことがない人が多いかと思いますが、僕たちのいる世界に呼び込んでおもてなしする気持ちで撮影しましたので、ぜひ一度試してみていただきたいです」と語った。

 SOLIDEMOの今後の活動についてシュネルは「来年は、まだキャンペーンなどで行っていない場所もたくさんあるので、細かく回ってSOLIDEMOもを知ってもらいたい。3周年ライブがあるので、頑張っていきたいと思います」と結成3周年に向けて意気込みを語った。それを聞いた佐々木は「もう、リーダーについていきます!(笑)」と敬服した様子だった。

 『a-nation stadium fes. powered by dTV』には今回、BIGBANG(27日)と浜崎あゆみ(28日)らがヘッドライナーを務めた。この模様は、映像配信サービスとしては初のライブVR配信され、ライブステージを360度パノラマ撮影が可能な特殊VRカメラを使って撮影した。なお、VR収録したライブ映像は10月に配信を予定している。

最終更新:8月31日(水)13時59分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。