ここから本文です

タクシーの気になる臭い、ファブリーズで解決!日本交通「ファブタク」出発

ニュースイッチ 8/31(水) 10:31配信

9月末まで全国1万3500台が走行

 臭くないタクシー、出発―。日本交通(東京都千代田区、知識賢治社長)とプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)は、車専用消臭芳香剤「ファブリーズ」を設置したタクシー「ファブタク」の運用を開始した。9月29日まで全国で1万3500台が走行する。利用者は配車アプリからファブタクを指定できる。

 エアコンの送風口にセットした芳香剤が、車内のにおいの原因となる食べ物や体臭などを消臭する。同日、都内で出発式を開催した。川鍋一朗日本交通会長は「顧客満足でにおい対策は大きな課題」と述べ、ファブタクの快適な消臭空間に自信をみせた。

最終更新:8/31(水) 10:31

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。