ここから本文です

スターウォーズのXウイングのようなミニドローン、Parrotから登場

sorae.jp 8月31日(水)14時44分配信

高品質な製品でドローン業界をリードするParrotから、2機種の新たなミニドローンが発表されました。左側がキャノン砲や敵を掴むグラブが搭載できるMamboで、右側がまるでスターウォーズの映画から飛び出してきたような変わった固定翼を持つSwingです。

まず、Mamboは「空中での遊びやバトル」に特化したドローンです。本体上部には6つの玉を発射するキャノン砲を装備することで、シャボン玉や的を射撃することができます。さらに本体下部にはアームを備え、4gまでの小さなものをつかむこともできるんです。本体には30万画素カメラを搭載し、空撮を楽しむこともできます。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=pS7g_c6DbaM)

一方Swingは「飛行性能やスピード」を楽しむドローンです。一見固定翼ドローンに見えるSwingですが、離着陸はクアドロコプターのように水平飛行で行います。しかし一旦空中に浮上するとプロペラと本体が地面に垂直になり、30km/hのスピードで飛行することができるのです。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=7yL-NA72Iq8)

また付属するゲーム機のコントローラーのようなコントローラーも、簡単な操作で自由な飛行を可能にしています。上のMamboもSwingも、飛行時間は10分未満です。
 
Mamboの価格は119.99ドル(約1万2000円)、Swingの価格は139.99ドル(約1万4000円)。初めてのドローンや友達へのプレゼントにはちょうど良さそうな「遊べる」ドローンの登場です!

最終更新:8月31日(水)14時44分

sorae.jp