ここから本文です

SAECから、純石英を採用した光デジタルケーブルOPC-X11登場。 広帯域のハイレゾ信号も正確に伝送する

Stereo Sound ONLINE 8/31(水) 20:15配信

ロングセラーモデルOPC-X1がリニューアル

 サエクコマースから、純石英を使った光デジタルケーブルOPC-X11が、9月10日に発売される。1986年にSAECブランドから発売されたハイエンド光デジタルケーブルOPC-X1の後継モデルだ。

 ケーブルからのノイズ輻射がない、外来ノイズを遮断できるという光伝送ケーブルの特性はそのままに、新たにハイレゾ信号などの超広帯域信号も正確に伝送できるようになったという。

 OPC-X11の主な特徴と長さのバリエーションは以下の通りだ。

OPC-X11の特徴
●導体の保護と振動を抑制する、メタルフレキシブルパイプ
●コアの断面に超精密研磨仕上げ処理を採用
●接続損失、反射減衰量の実測による方向性の指示
●純石英導体採用
●ケーブルの外径直系5.5mm

OPC-X11のラインナップ
0.7m ¥57,300(税別)
1.2m ¥68,500(税別)
2.0m ¥86,500(税別)
3.0m ¥109,00(税別、受注生産)
4.0m ¥131,500(税別、受注生産)
5.0m ¥154,000(税別、受注生産)

StereoSound ONLINE編集部

最終更新:8/31(水) 20:15

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]