ここから本文です

セレブ御用達スタイリストが明かす、レッドカーペットの舞台裏

ELLE ONLINE 8月31日(水)21時3分配信

きらびやかな衣装と、毎回繰り広げられるさまざまなドラマで、我々を惹きつけてやまないレッドカーペット。現地時間の8月31日に開幕するヴェネチア映画祭にちなんで、レッドカーペットを彩るセレブのドレス事情をお届け。晴れ舞台でのセレブたちの華やかなスタイルが一体どうやって作られるのか、その舞台裏を、アレッサンドラ・アンブロジオやオリヴィア・カルポを顧客に持つスタイリスト、ジェニファー・メイザーが明かしてくれた。

【画像】ヴェネチア国際映画祭2015、女優たちの優秀ドレスを総覧

1. レッドカーペットで着用するアイテムの99%がレンタル品

「イベントのために使用したいブランドをリストアップしたら、彼らにメールして、こう伝えるの。『誰々が出席する予定のイベントのために、こういったアイテムを探しているの。貸していただけないかしら?』。返信は『もちろん喜んで』か『ノー』のどちらか。『ノー』の場合は、その理由は大体、『そのドレスはすでに着用されてしまいました』とか、『今、撮影で日本にあります』、『そのドレスは裂けてしまったので着用できません』 とかよ」

2. どのブランドも誰に着て欲しいかを決めるセレブの名簿を持っている

「例えば『ヴァレンティノ』は絶対に承認される人のリストを作成していて、PRチームはそれを渡されているの。 彼らにコンタクトを取ったとして、私の顧客がそのリストに入っていれば、いい返事をもらえて、その後コレクションをチェックしてから気に入ったアイテムについて問い合わせる、という流れ。私の顧客がそのリストに入っていない場合は、おそらくPRチームから『申し訳ありませんが、彼女は私たちのブランディングにそぐいません』と言われるわ。もし彼らが別の誰かがいいと思っていて、確実ではない場合は、『検討してお返事します』と言われる。つまり、とても政治的なのよ。一度、とあるパーティーのためにトップモデルのスタイリングを担当したとき、彼女にいつも貸してくれていたブランドのPRにコンタクトを取ったら、『今回は見合わせます』って言われたわ。どうして断られたのか私には検討もつかない。もしかしたら、そのイベントは取材の数が少なかったのかも。確かではないけど」

1/2ページ

最終更新:8月31日(水)21時3分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。