ここから本文です

明治鋼業、フォーミング高付加価値化推進 板厚拡充、穴開け強化

日刊産業新聞 8月31日(水)12時30分配信

 各種表面処理鋼板のレベラー加工やロールフォーミング加工などを行う明治鋼業(本社=東京都千代田区、井上憲二社長)はこのほど、栃木工場(栃木県佐野市)のロールフォーミングラインの整備工事を実施し、7号ラインの最大板厚を従来の3・2ミリから4・5ミリに引き上げた。9月から試運転を開始し、10月から本稼働する。独自開発した広幅フォーミング製品専用の穴あけ機も新たに設置。加工機能の拡充を進め、多方面からの顧客ニーズに応えられる製造基盤を構築する。

最終更新:8月31日(水)12時30分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]