ここから本文です

鉄道の魅力迫る 駅の誕生話、新幹線の秘密など…武蔵浦和で連続講座

埼玉新聞 8月31日(水)10時31分配信

 「武蔵浦和から発信する鉄道の魅力~鉄道を通して見る歴史・生活文化・抒情・これから~」と題した全5回の連続講座が9月7日から、埼玉県さいたま市南区別所7丁目の武蔵浦和コミュニティセンター(サウスピア8階)で開かれる。
 
 「鉄道の持つ力」をテーマに、市史編さん委員や鉄道博物館学芸員らが講師を務める。第1回目の7日は、跡見学園女子大学副学長の老川慶喜氏が、明治期から戦後の新幹線開業までを概観しながら、さいたま市の鉄道史の特徴を語る。第2回以降も、南浦和駅や武蔵浦和駅の誕生話や、新幹線車両の秘密、絵画を通じた鉄道風景、鉄道技術の進化など、毎回違う講師が各視点から鉄道の魅力に迫る。
 
 開講は9月7、14、28日と10月5、19日の各水曜日で各回とも午後7時~午後8時半。申し込み順に定員60人。費用は全5回で2500円(資料代含む)。
 
 申し込み、問い合わせは、同センター(電話048・844・7215)へ。

最終更新:8月31日(水)10時31分

埼玉新聞

【生中継】小池百合子都知事の会見