ここから本文です

錦織 全米OP初戦「難しかったけど、内容良かった」 2回戦は世界95位<男子テニス>

tennis365.net 8月31日(水)6時16分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が世界ランク96位のB・ベッカー(ドイツ)を6-1, 6-1, 3-6, 6-3で下し、2年ぶりの初戦突破を果たした。試合後の会見では「難しい試合でしたけど、内容は良かったです」とコメント。

【錦織ら全米オープン対戦表】

第1セットを24分で先取し、第2セットも25分であっさり取って2セットアップとした錦織。しかし、ベッカーの強打が入り始めると苦戦を強いられて第3セットを落とし「楽な試合ではなかった。1・2セット目みたいに、彼(ベッカー)のミスが続いて、攻めていければ良かった」と話した。

第4セットは第3ゲームで先にブレークを許し「かなり危なかった。あのままいったら、5セット目も戦った。自分も後ろに下がってしまっていた」と振り返った。

続けて「ブレークされてから気持ちを取り戻して、打っていこうと思った。3・4セット目は居心地が良い感じではなかったですけど、彼のファーストが入らなかったり、ダブルフォルトだったり、助けられた部分もあります」とトータルで10本のダブルフォルトを犯すベッカーから第4ゲームでブレークバックに成功。

そして、第8・9ゲームを連取し、2時間10分で勝利を手にした。

この日、ファーストサービスの確率は55パーセント、ポイント獲得率は73パーセントだったことについては「まだ完璧ではない。ファーストが入ってくれないとトップ選手には難しくなる。ダブルフォルトも少しあった。最高でもなく、ダメでもなく」と錦織。

2回戦では世界ランク95位のK・カチャノフ(ロシア)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:8月31日(水)10時38分

tennis365.net