ここから本文です

「おくりびと」以来のグランプリなるか?青柳翔(劇団 EXILE)、小林直己(EXILE/三代目 JSB)、モントリオール世界映画祭で拍手喝采

E-TALENTBANK 8月31日(水)21時0分配信

劇団 EXILE の青柳翔、EXILE/三代目 J Soul Brothersの小林直己がカナダ現地時間29日、モントリオールで開催されている「第40回モントリオール世界映画祭」の「ワールド・コンペティション部門」に出品された、「たたら侍」(2017年初夏公開)のワールドプレミアに出席し、監督の錦織良成とともに舞台挨拶を行った。

本作は EXILE HIROが映画初プロデュースを手掛けた作品で、原作なしのオリジナルストーリー。戦国時代の島根・奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青柳演じる主人公が、葛藤や挫折を通して真の「武士」へと成長していく姿を描いた本格時代劇映画だ。

上映前に行われた舞台挨拶では、満席となった 800 人の観客から万雷の拍手で迎えられ、主演の青柳が「監督とは前作の『渾身 KON-SHIN』(2013 年公開)でもモントリオールに来させて頂き、こうして今作もモントリオールで上映することができ、本当に嬉しく思っております」と喜びを語ると、小林も「青柳が前作でモントリオールに来て、このたたら侍に繋がる道を作ってくれたので、自分もできることがあればと勉強した」という流暢な英語で挨拶をして観客を沸かせた。

上映が終了すると、再び観客から大きな拍手と歓声を浴び、上映後の舞台挨拶では、日本の文化や侍、武士道についての質問が観客や報道陣から飛び交うと、映画初出演の小林は「映画祭自体が初めてだったのですが、立ち見の方もいらしたり、たたら侍という日本の文化を伝えている映画が、こうして国を超えて多くの方に届いたことに、僕自身、今日が始まりとして、もっと日本の文化やこのたたら侍を色々な方に知って頂きたい」と熱い想いを口にし、モントリオールの観客を魅了した。

ワールドプレミア終了後には会場ロビーでも、現地や海外含め、多数の観客や報道陣からの質問や写真撮影が殺到するなど興奮は冷めやらず、小林は「物語のストーリーやメッセージを踏まえた上での質問が多く、凄く真剣に見て頂いてたんだなと感じた。それぞれ違う国の方の生活の中にも、日本の文化や武士道というものに関して、共感するものがあると感じた」と手応えを語ると、青柳も「色々な方に見て頂き、このたたら侍のテーマにある想いを、日本中、世界中の方々に届けていければと思います」と自信を覘かせた。

1977年から開催されたモントリオール世界映画祭は、今年で40回目を迎える北米最大規模の映画祭。青柳と錦織監督は、前作の「渾身 KON-SHIN」でも、同映画祭の招待作品に選ばれ、主演を務めた青柳は、映画祭創設者のセルジュ・ロジーク氏から「黒澤映画の三船敏郎のようだ」と賞賛をうけ、急遽、主演女優賞のプレゼンターに抜擢された実績があり、今作では滝田洋二郎監督作「おくりびと」(2008年)以来となる、グランプリ獲得という快挙にも大きな期待が寄せられている。なお、表彰式は現地時間の9月5日(月)に行われる。

最終更新:8月31日(水)21時0分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。