ここから本文です

【MLB】田中将大、5回2失点で12勝目の権利 雨で試合が59分間中断し、71球で降板

Full-Count 8月31日(水)12時21分配信

2点リードの5回に試合が中断、白星がつけば田中は自身5連勝

 ヤンキースの田中将大投手は30日(日本時間31日)、敵地でのロイヤルズ戦に先発し、5回4安打2失点4奪三振1四球だった。2点リードの5回終了後に雨が強くなり、59分間の中断があったため、71球で降板。それでも、12勝目(4敗)の権利を持ってマウンドを降りることになった。白星がつけば、田中は5連勝となる。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 前回登板まで2試合連続無失点の田中は、立ち上がりから好調ぶりを見せつける。初回はダイソン、ケイン、ホズマーを3者凡退。2回にヤンキースがジャッジの2ランなどで3点を奪うと、田中はその裏も3人で片付けた。

 3回、ヤンキースがヘッドリーの犠飛で1点を追加。田中はその裏も簡単に2死を奪ったが、モンデシーに初安打となるセンター前ヒットを許した。続くダイソンには右中間への三塁打を浴び、1点を返される。田中にとっては3試合ぶりの失点となった。しかし、ケインは空振り三振に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 4回は先頭のホズマーを左飛に仕留めるも、続くモラレスにはライトへのソロホームランを浴び、2点目を失った。しかし、ここも後続を打ちとって最少失点。5回は先頭のエスコバーにレフトへのヒットを許すも、左翼のガードナーが好送球を見せ、二塁を狙ったエスコバーはアウト。コロンにはレフトへの大飛球を打たれたが、ガードナーが今度はフェンス際でジャンピングキャッチ。2度の好守で田中を助けた。モンデシーは空振り三振で、結果的に3人で攻撃を終わらせた。

 カンザスシティーのカウフマン・スタジアムはここで雨が強くなり中断。59分間の中断と時間が空いたため、田中は降板となった。71球を投げてストライクは49球。防御率は3.13となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月31日(水)12時50分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。