ここから本文です

希土類相場、実需低迷映し続落 中国備蓄政策、効果なく

日刊産業新聞 8月31日(水)12時39分配信

 希土類(レアアース)の国際スポット価格が前月比2―17%程度下落している。実需の停滞により、酸化ランタンや酸化セリウムなどの軽希土類はキロ2ドル台の低水準が続く。酸化ネオジムや酸化テルビウムなど、中国政府による国家備蓄の影響で反発を見せた一部鉱種も、再び下落に転じている。

最終更新:8月31日(水)12時39分

日刊産業新聞