ここから本文です

鹿島“復帰”の石井監督「CWC、そして天皇杯決勝の1月1日まで戦い続けたい」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月31日(水)19時10分配信

30日のトレーニングから復帰

鹿島アントラーズの指揮を執る石井正忠監督がサポーターにメッセージを送った。

昨シーズンの後半から鹿島の指揮官に就任し、今季も1stステージ制覇を果たした石井監督だが、2ndステージは勝利から遠ざかり、27日に開催された横浜F・マリノス戦では体調不良により“欠場”。代わりに大岩剛コーチが指揮を執った。しかし30日のトレーニングから石井監督が復帰。同日、復帰に際し、クラブ公式フェイスブックを通じてサポーターにメッセージを送っている。

「再びチームの指揮をとらせていただくにあたり、選手、コーチ、そして監督として、自分が24年間このクラブに抱き続けてきた気持ちを思い出し、もう一度原点に立ち戻って戦いたいと思います。『どんな時でもクラブのために戦う姿勢を見せる』。今日のミーティングでも、選手たちにそのことを伝えました」

「今回の件を通じて、自分や選手たちを含めたアントラーズというクラブを心から愛し、応援してくださる方が大勢いることを改めて感じました。その皆さんのためにも、今季はクラブワールドカップ、そして天皇杯決勝の1月1日まで戦い続けたいと思います。そして、皆さんとともに笑顔でシーズン終了の瞬間を迎えたいです」

石井監督がベンチに帰ってくる鹿島は今後、9月3日にホームで天皇杯を戦い、リーグ戦では10日に柏レイソルと対戦する。既にチャンピオンシップの出場権を獲得している鹿島だが、石井監督の下、“完全制覇”に向けて2017年の1月1日まで負けられない戦いが続く。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月31日(水)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報