ここから本文です

ハリルも感謝! 日本代表へ五輪メダリストたちから力強いメッセージが届く

theWORLD(ザ・ワールド) 8月31日(水)19時13分配信

メッセージを胸にUAE戦へ臨む

9月1日にロシアW杯アジア最終予選のUAE戦(19時35分/埼玉スタジアム)を戦う日本代表に、力強いメッセージが届いた。前日会見に現われたヴァイッド・ハリルホジッチ監督が右手に握り締めて持ってきたのは、リオ五輪でメダルを獲得した選手たちのサイン&メッセージが書かれた国旗だった。

会見ではUAEが約2か月をかけて最終予選に向けて準備してきたのに対して、日本は2日間の準備期間しかなかったことが取り上げられた。「いろいろな準備をしてきたが、いろいろな困難もある」と語ったのはハリルホジッチ監督で、迎えるUAE戦は決して「簡単な試合ではない」と強調した。だが同時に、「UAEにとっても簡単な試合にはならないだろう」とも付け加えた。

その理由として、「日本には十分な経験があり、試合をコントロールすることができると思う」とコメント。また、全員が集まってピッチで練習できたのは2日間だが、それ以前にUAEについて詳細な分析を行ない、長所や短所を把握しているという。そのうえで選手には時間をかけて戦術を説明しており、そういった意味では準備が整っているとのこと。なにより、試合にかける気持ちの強さ、モチベーションについては「選手たちを信用している」と言葉を残した。

そんな日本代表に向けて、リオ五輪メダリストたちのサイン&メッセージが書かれた国旗が届けられた。「やればできる!!」(瀬戸大也/水泳)「油断大敵」(松本薫/柔道)「自信!!」(水谷隼/卓球)といった力強い言葉が並んでいる国旗を手に、ハリルホジッチ監督は「リオ五輪のメダリストたちが国旗にサインをしてくれた。とても勇気づけられる」と立ち上がって感謝。その後に行なわれた練習の冒頭には選手たちにこの国旗が披露されている。

www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月31日(水)19時13分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。