ここから本文です

2015年チャンピオンの夫フォニーニ「最悪のグランドスラム大会だ」 [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 8/31(水) 21:01配信

 アメリカ・ニューヨークで行われている「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)。

錦織、楽勝ムード一転の4セット勝利に「苦しい試合でした」 [全米オープン]

 最終的に勝った試合の間に、ふざけて線審のサングラスを取ったためにペナルティ・ポイントを科せられたファビオ・フォニーニ(イタリア)は、全米オープンを「グランドスラム大会の中で最悪」と呼んだ。

 6月に2015年の全米オープン優勝者であるフラビア・ペンネッタ(イタリア)と結婚したフォニーニは、ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)に対する6-7(9) 3-6 7-6(5) 7-5 6-4の試合の間の行為のため、罰金を科せられる恐れがある。

 第2セットでサービスをブレークされ、2-4とガバシュビリにリードされることになったフォニーニは怒りに任せてボールを叩きつけ、主審のパスカル・マリアに警告された。それから彼は第4セットで2-3とリードされていたときに、線審のサングラスを手に取ったことを咎められ、ペナルティで1ポイントを失った。

 そんなわけで、彼は次のゲームを0-15から始めることとなり、すぐにダブルフォールトをおかしてブレークされてしまう。

 フォニーニは結局試合に勝ちはしたが、試合後、イタリア語で記者たちと話しているときに、サングラスのジェスチャーはジョークだったとし、審判の判断を跳ねつけた。

 それでポイントを失ったことについてどう思っているかと尋ねられたとき、フォニーニはこう答えた。

「彼らには彼らのルールがあるんだろ。アメリカ人はあらゆる意味で違うんだ。僕が考える限り、4つのグランドスラム大会の中でこれ(全米)は最悪だね----いくつもの理由から」と言った。

 フォーニーニは2回戦で第11シードのダビド・フェレール(スペイン)と対戦する予定だ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: RIO DE JANEIRO, BRAZIL - AUGUST 09: Fabio Fognini of Italy celebrates during the men's second round singles match against Benoit Paire of France on Day 4 of the Rio 2016 Olympic Games at the Olympic Tennis Centre on August 9, 2016 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:8/31(水) 21:46

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています