ここから本文です

ロッテ・サブローの引退は「本人から申し出」 林球団本部長「寂しい」

Full-Count 8/31(水) 17:31配信

引退試合計画も「日程は未定」

 ロッテは31日のオリックス戦前にサブロー外野手(40)の現役引退を発表した。林球団本部長によると「つい最近本人から申し出があった。誰しも必ず通る道ではあるが寂しい。あれだけの選手ですし、2度の日本一の経験者でもありますから」と語り、コーチなど今後の処遇については「まだ言われたばかりで」と明言を避けた。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 球団の功労者として、引退試合開催に関しては「考えています。日程その他については未定です」と語った。同外野手は94年のドラフト1位でロッテに入団。勝負強いバッターとしてロッテ打線の一翼を担い、バレンタイン監督の下で、2005年のリーグ優勝、日本一に貢献。2010年には下剋上と言われた、3位からの日本一の立役者にもなっている。2011年中にトレードで巨人に移籍。同年オフ、FA宣言で古巣に戻ったが、今季は2軍暮らしが続いていた。9月1日に引退会見を行う。

 サブローのコメント「今季限りで現役を引退することに決めました。05年に31年ぶりの日本一など、日本一を2度経験することもできました。幸せな野球人生でした。ファンの皆様、関係者を含めて、色々な形でサポートしてくれた方々のお陰だと思ってます」

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/31(水) 17:36

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革