ここから本文です

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズ&ホールジーが2週目の首位に、ショーン・メンデス新曲がTOP10入り

Billboard Japan 8/31(水) 12:00配信

 先週、自身初のNo.1を獲得した、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」が、2週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 更に各ポイントを伸ばし、ダンス・チャートでも首位を獲得した「クローサー」。先週4位だった、UK(英国)チャートでは3位に、カナダでは2位まで上昇し、オーストラリアではNo.1をマークしている。28日に開催された【MTV ビデオ・ミュージック・アワード】に出演し、ゲストシンガーのホ―ルジーと見事なパフォーマンスを披露したことから、次週はさらに、セールス、ストリーミング・ポイントが上昇することが予想される。

 同アワードには、<最優秀ロック・ビデオ賞>を受賞したトゥエンティ・ワン・パイロッツの「ヒーゼンズ」(今週4位)や、<最優秀男性アーティスト・ビデオ賞>を受賞した、カルヴィン・ハリス&リアーナの「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」(今週6位)など、TOP10内にランクインしているタイトルもあり、次週ポイントアップが期待できる。

 ドレイクとの2ショットが印象的だった、<特別賞>受賞のリアーナは、2人のコラボソング「トゥ・グッド」が14位に上昇中。一旦圏外にダウンしたが、「ニーデド・ミー」(今週11位)も、再浮上するかもしれない。8冠を制したビヨンセのアルバム『レモネード』からも、<最優秀ビデオ賞>を受賞した「フォーメーション」など、リエントリーが予想される。

 新たにTOP10入りを果たしたのが、2016年ブレイクシンガーの一人、ショーン・メンデスの新曲「トリート・ユー・ベター」。9月23日に発売される2ndアルバム『イルミネイト』からの先行シングルで、6月3日のリリースから順調にポイントを伸ばし、自身2曲目のTOP10入りを果たした。アメリカ以外にも、UK(6位)、カナダ(7位)、オーストラリア(4位)など、主要各国でTOP10入りを果たしている。

 今週のアルバム・チャートで首位デビューを果たした、フランク・オーシャンの新作『ブロンド』からは、「ピンク+ホワイト」(84位)など、順位は高くないものの、計5曲をTOP100位内に送り込んでいる。アルバムは、週間セールス(初動枚数)27万枚と、高セールスを獲得してのNo.1獲得となった。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、31日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
2位「コールド・ウォーター」メジャー・レイザーfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー
3位「チープ・スリルズ」シーア feat.ショーン・ポール
4位「ヒーゼンズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ
5位「ライド」トウェンティ・ワン・パイロッツ
6位「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ」カルヴィン・ハリス
7位「ドント・レット・ミー・ダウン」ザ・チェインスモーカーズ
8位「ワン・ダンス」ドレイク
9位「センド・マイ・ラヴ(トゥ・ユア・ニュー・ラヴァー)」アデル
10位「トリート・ユー・ベター」ショーン・メンデス

最終更新:8/31(水) 12:00

Billboard Japan